マンU、ヴェルナー獲得に関心も…ライプツィヒは1月での売却を拒否

マンU、ヴェルナー獲得に関心も…ライプツィヒは1月での売却を拒否

 マンチェスター・Uはライプツィヒに所属するドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの獲得に関心を示している。21日にイギリス紙『エクスプレス』が報じた。


 同クラブは今夏の移籍市場でベルギーで代表FWロメル・ルカクのインテル移籍を承諾。複数の候補が挙げられていたものの、交渉は破談に終わったため、後釜を獲得することなく市場閉幕を迎えてしまった。


 クラブを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督はヴェルナーを高評価しており、1月の移籍市場で同選手の獲得を希望している。しかし、ライプツィヒはヴェルナーの売却は来夏の移籍市場まで応じないという。


 マンチェスター・Uは今シーズン、プレミアリーグにて2勝4分け3敗で暫定で13位に沈んでおり、スールシャール監督の解任も浮上するようになった。果たして新FWの獲得でこの不調から脱却できるのであろうか。


関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る