母国率いるクーマン監督、ユーロ2020以降にバルサの新指揮官に就任か

母国率いるクーマン監督、ユーロ2020以降にバルサの新指揮官に就任か

 オランダ代表を率いるロナルド・クーマン監督は、古巣バルセロナに新指揮官として復帰する可能性があるようだ。21日にスペイン紙『マルカ』が報じている。


 クーマン監督は現役時代、アヤックスやPSV、バルセロナなどを渡り歩き世界有数のDFとして活躍。持ち味のフリーキックでキャリア通算169ゴールを挙げている。


 同監督は2022年に開催されるカタールワールドカップまでオランダ代表を率いることが可能となっているが、同紙によるとクーマン監督の契約にはある条項が含まれているようだ。


 その条項は2020年に開かれるユーロ大会を終えた後、一定額を支払えばバルセロナはクーマン監督を招へいできるとのものだという。現在指揮官を務めるエルネスト・バルベルデ監督の解任も浮上しているため、クーマン監督が古巣復帰を果たす可能性は高いとの見解を同紙は示している。


関連記事

おすすめ情報

SOCCER KINGの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る