室屋選手、4位で決勝フィニッシュ:レッドブル・エアレース2018 第2戦カンヌ大会

室屋選手、4位で決勝フィニッシュ:レッドブル・エアレース2018 第2戦カンヌ大会

思わぬ形での波乱です。レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ 2018年シーズン第2戦 カンヌ大会の決勝にて、日本人パイロットの室屋義秀選手は4位でレースを終えました。
 
ラウンド・オブ・8で57秒374秒と好タイムを叩き出した室屋選手。決勝となるファイナル4もそのままの勢いで行くかと思いましたが、途中でインコレクトネス・レベルで2秒のペナルティ。そのまま1分00.261秒でレースを終了しました。
 
一方、カンヌ大会で勝利したのはオーストラリアのマット・ホール選手で、ラウンド・オブ・8をわずかに上回る57.692秒でした。2位はドイツのマティアス・ドルダラー選手で57.764秒、3位はマイケル・グーリアン選手で58秒083でした。

今回の結果、室屋選手の年間総合スコアは19ポイントで3位に。1位はマイケル・グーリアン選手で24ポイント、2位はマット・ホール選手で21ポイントとなっています。
 
なお、次回となるレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ 第3戦は5月26日〜27日に千葉で開催されます。次のレースで、またお会いしましょう!
 

Image Credit: 塚本直樹
(文/塚本直樹)


関連記事

sorae そらへのポータルサイトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索