大西浩次・信州星景写真展 森からの宇宙、山からの宇宙

大西浩次・信州星景写真展  森からの宇宙、山からの宇宙

長野県北安曇野郡白馬村にある「ラフォーレ倶楽部 ホテル白馬八方」は、2018年8月11日(土・祝)から9月17日(月・祝)まで、企画展示『“長野県は宇宙県”「大西浩次・信州星景写真展 −森からの宇宙、山からの宇宙−」』を開催します。
 
日本一の星空が見える村「阿智村」に代表されるように、長野県は宇宙との関係の深い場所でもあります。プラネタリウムや天文研究施設も数多くあり、また宇宙飛行士の油壱亀美也さんも長野県出身なのです。
 
展示は、ホテル白馬八方と隣接している白馬美術館で行われ、作品数は約40点を予定。「森の中から見た星空」「山の上から見た星空」の写真の数々をご覧いただけます。

大西浩次氏は、長野県長野市在住の天文学者、星景写真家。国際天文学連合(IAU)会員であり、日本星景写真協会副会長を務めています。初めての天体写真から47年、星景写真を意識的に撮影してから、すでに32年。地球の空気感を大切にした星景写真を撮影しています。


Image Credit : 白馬美術館/ラフォーレ倶楽部 ホテル白馬八方
(ヤマグチ)


関連記事

sorae そらへのポータルサイトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索