悪夢…室屋選手オーバーRPMで失格 レッドブルエアレース

※画像はイメージ

「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ 第5戦カザン大会」にて、日本人パイロットの室屋義秀選手はRound of 8にて残念ながら失格(DQ:Disqualification)となってしまいました。

Round of 8にて真っ先に飛行した室屋選手は、51秒台というダントツの飛行タイムをマーク。このままFinal 4に進出し、好成績が期待されました。しかし飛行後の審査により、オーバーRPM(回転数違反)が発覚したのです。このような違反は、室屋選手のキャリアにおいて初めてのものでした。

第3戦と第4戦ではオーバーGで、そして今回はオーバーRPMによる失格と、あまりにもツキがない今シーズンの室屋選手。なお、Final 4はカービー・チャンブリス、マイケル・グーリアン、ファン・ベラルデ、マルティン・ソンカによって争われることになります。
 

Image Credit: Joerg Mitter / Red Bull Content Pool
(文/塚本直樹)


関連記事

sorae そらへのポータルサイトの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索