行っちゃう?種子島発、宇宙行き。種子島宇宙センター特別公開2018、11月25日に開催

行っちゃう?種子島発、宇宙行き。種子島宇宙センター特別公開2018、11月25日に開催

「種子島発、宇宙行き。」のキャッチコピーの種子島宇宙センター 特別公開2018が11月25日(日)に開催されます。今年の特別公開もまた、屋外ステージ・宇宙科学技術館・竹崎グラウンドを中心に様々な催し物が行われます。

屋外ステージでは「50周年記念イベント」として油井宇宙飛行士の講演が13:00・14:00の2回開催。各回座席60名、立ち見20名で、整理券制となります。合わせて、竹崎グラウンドで「50」の人文字を作成し、上空から撮影を行う「50周年記念撮影」も。その他には、地元団体パフォーマンスや種子島の特産品を販売する地元出店コーナーも準備されます。

宇宙科学技術館では、「宇宙関連企業等出展」として、IHIエアロスペース・三菱重工・コスモテック・増田宇宙通信所がブースを設けています。会場内では、スペシャル映像放映・打上げ音響体験、体験型ゲームイベント「JAXA謎解きゲーム〜LE-9燃焼試験トラブルからの脱出〜」が行われます。

また、例年大人気のスペシャルバスツアーが今年も開催。2018はバスを3台に増加し、「ツアー形式」から「シャトルバス形式(循環バス形式)」に変更しているため、バスの乗り降りが自由となっています。バスツアーの気になるコースは以下のとおり。

【コースの紹介】

1. シーライン(20分間隔で運行)
竹崎グラウンド、駐車場の周辺を循環するコース。
H3用に新設された発射管制棟や、50年前に打上げを行った小型ロケット発射場跡地もご見学いただけます。

循環コース(①〜⑤を巡回します)

①竹崎グラウンド(宇宙科学技術館駐車場)
②総合指令棟、H3竹崎発射管制棟、休憩所(食堂)
③第4駐車場
④小型ロケット発射場跡地、第3駐車場
⑤竹崎観望台、第2駐車場
2. スカイライン(15分間隔で運行)
竹崎グラウンドと大型射点エリアを結ぶコース。
途中、大型ロケット発射場を一望できる展望所に立ち寄ります。

循環コース(①〜③を巡回します)

①竹崎グラウンド(宇宙科学技術館駐車場)
②ロケットの丘展望所
③ロケットガレージ(H-IIロケット実物)
3.スペースライン(20分間隔で運行)
大型射点エリア内を循環するコース。
ロケット打上げの現場を自分の足で歩いてみませんか?初公開の液体エンジン試験場も必見です!

※途中で手荷物検査を実施いたします。

※周辺に立入禁止エリアが多数ございます。係員の指示に従い、行動してください。

①ロケットゲート(手荷物検査実施場所)
②大型ロケット第1射点
③大型ロケット発射管制棟(B/H)、大型ロケット組立棟(VAB)
④液体エンジン試験場

開催日時は、2018年11月25日(日)、時間は10:00〜16:00となっています。また、天候により各種イベントの開催ステージやスケジュールが変更になることがありますので、詳細はJAXAの公式サイトを参照してください。

Image Credit:JAXA


関連記事

sorae そらへのポータルサイトの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索