10選手が計12度の本塁打王に輝く

プロ野球の2020年シーズンもいよいよ終盤戦。ペナントの行方とともに気になるのが個人タイトル争いだ。

1950年の2リーグ分立以降で個人タイトルを獲得した選手数を球団別に調べてみた。本塁打王は下表の通りとなっている。

本塁打王獲得選手数ランキング


本塁打王のタイトルを獲得した選手が最も多い球団は、10人の中日と日本ハム。今回は日本ハム(前身球団含む)の歴代本塁打王を振り返ってみたい。なお、1952年のシーズン開幕直後に西鉄から東急に移籍してタイトルを獲得した深見安博は東急のみでカウントしている。

東急の大下弘、西鉄&東急の深見安博、東映の大杉勝男

2リーグ分立後、初めて本塁打王に輝いたのが「青バット」で人気を博した東急フライヤーズ・大下弘だった。

日本ハムの歴代本塁打王


1リーグ時代の1946年に20本塁打、翌1947年に17本塁打でタイトル獲得していた大下は、2リーグ分立2年目の1951年に26本塁打で自身3度目の本塁打王。翌1952年から西鉄に移籍し、引退するまで通算201本塁打をマークした。

深見安博は1952年のシーズン開幕後、大下弘との交換トレードで緒方俊明とともに西鉄から東急に移籍。西鉄で2本、東急で23本の計25本塁打を放ち、本塁打王のタイトルを獲得した。2球団にまたがる本塁打王は史上唯一となっている。

1965年、東映にテスト入団した大杉勝男は1970年に44本塁打、129打点で二冠王に輝き、翌1970年も41本を放って2年連続本塁打王に輝いた。1975年からヤクルトに移籍し、通算486本塁打をマーク。1970年に記録した15犠飛は、現在も1シーズン最多記録となっている。

4打数連発のソレイタ、4打席連発のウィルソン

ボビー・ミッチェルは1976年に日本ハム入団。来日3年目の1978年に36本塁打でタイトル獲得した。在籍4年でNPB通算113本塁打をマークしている。

トニー・ソレイタは1980年に来日すると、4月20日の南海戦で巨人・王貞治以来、パ・リーグ初となる1試合4打数連続本塁打(死球挟む)を放つなど、1年目から45本塁打をマーク。2年目の1981年に44本塁打、108打点で二冠王に輝いた。1983年に退団するまで計4年で155本塁打をマークしている。

ナイジェル・ウィルソンは1997年に日本ハム入団し、6月21日の近鉄戦で王貞治以来の1試合4打席連続本塁打をマーク。この年は37本塁打でタイトル獲得すると、翌1998年は33本塁打、124打点で二冠王に輝いた。2002年には近鉄でプレーし、NPB計6年で通算119本塁打を放っている。

スイッチヒッターのフェルナンド・セギノールは2002年にオリックス入りし、2試合連続左右両打席本塁打を記録するなど23本塁打。翌年はヤンキース3Aでプレーし、2004年に日本ハムに入団すると44本塁打でタイトル獲得した。その後、楽天、2度目のオリックスと移り、NPB通算172本塁打を放った。

日本ハムでは小笠原道大が日本人唯一のタイトル

NTT関東から1996年ドラフト3位で日本ハム入団した小笠原道大は、2002、2003年に首位打者に輝き、2006年に32本塁打、100打点で二冠王。同年オフにFAで巨人移籍し、中日で引退するまで通算378本塁打を放った。

キューバ出身のミチェル・アブレイユは2013年に日本ハム入りすると、いきなり31本塁打でタイトル獲得。2年目も期待されたが、腰痛のためシーズン中に退団した。

ブランドン・レアードは2015年に来日し、2年目の2016年に39本で本塁打王。好物の寿司を握るパフォーマンスで人気者となった。2019年からロッテに移籍している。

前身球団を除くと、日本ハムに球団名変更してから本塁打王となった7人のうち6人は外国人。中田翔が小笠原以来2人目の日本人キングとなるか、注目される。

【関連記事】
・岡本和真が狙う本塁打王、巨人の歴代キングは何人?【タイトル獲得選手数ランキング】
・大山悠輔は6人目なるか?阪神の歴代本塁打王はセ最少【タイトル獲得選手数ランキング】
・中日の歴代本塁打王は最多10人【タイトル獲得選手数ランキング】