最近12年でドラフト1位の抽選4勝13敗

2020年のプロ野球ドラフト会議は10月26日(月)に開催される。ドラフト会議の見どころのひとつが指名が重複した場合の抽選。当たりくじを引き当てて喜ぶ監督、外して落ち込むフロント陣、安堵する選手たちのコントラストは毎年繰り広げられる光景だ。

では、くじ運最強の球団はどこだろうか。高校生と大学生・社会人の分離開催から一括開催に変更された2008年以降の抽選結果をランキングにしてみた。

ドラフト1位抽選結果ランキング


競合した球団数に関係なく、引き当てたかどうかだけを単純にカウントすると、ロッテ、中日、西武、楽天、日本ハム、広島、DeNA、ヤクルトに次いで9位が勝率.235の阪神。12年間で2回の当たりくじを引き、外れ外れ1位も2回引き当てている。

藤浪晋太郎、高山俊、岩貞祐太、馬場皐輔を獲得

では、阪神のドラフトを年度ごとに見ていこう。

阪神のドラフト1位抽選結果


最初の1位指名で獲得したのは2012年の藤浪晋太郎(大阪桐蔭高)と2015年の高山俊の2人。藤浪にはヤクルト、ロッテ、オリックスも指名して4球団が競合。和田豊監督が春夏連覇のエース右腕を見事に引き当てた。

高山はヤクルトと競合。真中満監督が当たったと勘違いしてガッツボーズをしたが、実は金本知憲監督が当たりくじを引いていたというハプニングがあった。

2013年と2017年には外れ外れ1位の抽選で勝利している。2013年は3球団競合の大瀬良大地(九州共立大)、同じく3球団競合の柿田裕太(日本生命)を連続で外したが、日本ハムと競合した岩貞祐太(横浜商大)を引き当てた。

2017年は7球団競合の清宮幸太郎(早稲田実)、3球団競合の安田尚憲(履正社高)と高校生スラッガーを連続で外したが、ソフトバンクと競合した馬場皐輔(仙台大)で3度目の正直を果たした。

外れ外れ1位が5回も…価値ある大山悠輔の一本釣り

勝率が示す通り、阪神はどちらかと言うと、くじ運が悪い。

2018年は藤原恭大(大阪桐蔭高)、辰己涼介(立命館大)を外して近本光司(大阪ガス)を指名、2014年は有原航平(早稲田大)、山崎康晃(亜細亜大)を外して横山雄哉(新日鉄住金鹿島)を指名、2008年は松本啓二朗(早稲田大)、藤原紘通(NTT西日本)を外して蕭一傑(奈良産大)を指名と、外れ外れ1位が12年間で5回もある。

また2019年は奥川恭伸(星稜高)を外して西純矢(創志学園高)、2010年は大石達也(早稲田大)を外して榎田大樹(東京ガス)、2009年は菊池雄星(花巻東高)を外して二神一人(法政大)を獲得しているが、外れ1位、もしくは外れ外れ1位で今も1軍バリバリの戦力になっているのは近本と岩貞くらいだろう。

単独指名は2011年の伊藤隼太(慶応大)と2016年の大山悠輔(白鴎大)の2人のみ。今季の活躍を考えると、大山の一本釣りは金本前監督の大きな功績のひとつと言える。

今年も抽選覚悟で人気選手を狙うか、あるいは一本釣りに向かうのか。鳥谷敬や藤川球児が去ったチームで、次代を担うスター候補の獲得が期待される。

【関連記事】
・ドラフト1位くじ運ランキング、ロッテは12球団一の強運
・ドラフト1位くじ運ランキング、中日は12球団2位の強運
・ドラフト1位くじ運ランキング、好素材を単独指名して育成する広島