1本塁打、30打点で長打力不足露呈

2020年も多くの外国人選手がプレーした日本のプロ野球。予想以上の大活躍をした選手や、逆にシーズン途中で退団した選手まで様々だった。

たとえメジャーで実績があっても、新天地で1年目から期待に応えることは簡単ではない。移籍組も含め、新加入した外国人選手を振り返ってみたい。

ウラディミール・バレンティンがソフトバンクに移籍したヤクルトはアルシデス・エスコバーを獲得。ロイヤルズ時代の2015年にワールドシリーズで優勝し、ゴールドグラブ賞にも輝いたショートで、メジャー通算1367安打の実績の持ち主だ。

ヤクルトの新外国人野手成績


開幕からショートを守ったが、9月からサードでの起用も増え、9失策を記録。打撃成績は104試合出場で、打率.273、1本塁打、30打点と長打力不足を露呈した。

DeNAに所属する従兄弟のエドウィン・エスコバーとの対戦が注目されるなど話題も集めたが、現役メジャーリーガーとして期待が大きかっただけに物足りなさが残り、今季限りで退団となった。

クックとイノ―アも未勝利のまま退団

新外国人投手はマット・クックとガブリエル・イノーアの2人だった。

ヤクルトの新外国人投手成績


メジャー通算6勝右腕のクックは開幕一軍入りできず、8月22日の阪神戦で初先発したが4回6失点で負け投手。2試合目の8月29日のDeNA戦も4.2回7失点で負け投手となり、先発ローテーションから外れた。結局7試合に登板して勝ち星なしの3敗、防御率7.88の成績を残して退団となった。

メジャー通算4勝右腕のイノ―アも開幕ローテーション入りをつかんだものの未勝利。9試合に登板して防御率10.13と冴えず、シーズン中の10月12日に退団が発表された。

【関連記事】
・物足りなかったオリックス・ジョーンズ【新加入助っ人通信簿】
・巨人パーラは期待外れ、サンチェスは8勝【新加入助っ人通信簿】
・ボーアに期待しすぎた?阪神【新加入助っ人通信簿】