今季5戦5勝、防御率1.80の高橋

巨人・髙橋優貴と広島・床田寛樹のデータ比較,ⒸSPAIA,インフォグラフィック


5連勝中の巨人・髙橋優貴がハーラー単独トップの6勝目をかけて4日の広島戦(マツダ)に先発する。

八戸学院大からドラフト1位で入団して3年目。今季は開幕から見違える投球で5戦5勝、防御率1.80をマークしている。7回3失点で118球を投げた前回4月28日のヤクルト戦から中5日。そのヤクルト戦も中5日だったため調整次第ではあるが、これまでの投球を見ると不安要素は少ない。

ストレートは平均141.4キロとそれほど速い訳ではないが、意外に全体の57.1%を占めている。持ち球のスライダー、シンカー、カーブ、カットボールも含め、右打者の内角低め、左打者の外角低めへのコントロールが生命線だ。

広島戦は今季初登板。昨季は2試合に登板して1勝1敗、防御率1.80だった。會澤翼に5打数2安打1本塁打を喫しているが、今季好調の菊池涼介とは3打数1安打、鈴木誠也とは4打数1安打、田中広輔とは5打数1安打と相性は悪くない。

昨季は菅野智之が開幕13連勝したが、今季は覚醒した24歳の左腕がどこまで連勝を伸ばすか注目だ。

広島・床田寛樹は1勝2敗、防御率4.56

一方、広島の先発は床田寛樹。今季はここまで5試合で1勝2敗、防御率4.56とピリッとしない。

床田も高橋と同じく前回4月28日のDeNA戦から中5日。前回は4回5失点で65球しか投げていないため、スタミナ面に不安はないだろう。

全体の38.2%を占めるストレートは平均142.8キロ。ほかにシュートが24.0%、スライダーが21.7%とこの3球種で8割以上を占めているが、カーブ、チェンジアップも投げる。

今季初登板の巨人戦は、昨季は8月1日に東京ドームで行われた1試合に登板して敗戦投手となっている。3回4失点で降板し、チームも3−11で大敗だった。

上位と離されないためにも踏ん張りどころの広島。リリーフ陣は安定しているだけに、床田が髙橋優貴の連勝をストップするような好投を見せれば先は明るくなる。

【関連記事】
・プロ野球 AI勝敗予想
・巨人・坂本勇人がイチローを上回る可能性のある通算記録とは?
・巨人の2021「年男」 高橋優貴が先発ローテを狙う