菅野は昨季のヤクルト戦3勝0敗

巨人・菅野智之−ヤクルト・スアレスインフォグラフィック


2位・巨人は今日7日のヤクルト戦(東京ドーム)にエース菅野智之が先発する。8日は試合がなく、今カードは9日との2試合だけのため、初戦に勝つと負けるとでは大きく違う。巨人としては必勝を期したい。

今季はここまで5試合に登板して2勝2敗、防御率2.13。開幕13連勝を含む14勝を挙げて最多勝に輝いた昨季ほどの勢いはないものの、安定した投球を見せている。

平均147.6キロのストレートと133.4キロのスライダーで全体の58.6%を占めており、他にもシュート、カットボール、フォーク、カーブを低めに集め、大量失点は許さない。SPAIAのゾーン別データでは、右打者への全投球のうち31%が外角低めで、被打率.053と文句のない数字を残している。

ヤクルトとは今季初対戦だが、昨季は4試合に投げて3勝0敗、防御率3.28。山田哲人には1本塁打を浴びたものの8打数2安打、村上宗隆は11打数1安打、青木宣親は12打数2安打と封じ込んだ。 前回4月30日の中日戦は7回3失点ながら負け投手となっただけに、エースとして連敗する訳にはいかない。

スアレスは前回巨人戦で4回6失点KO

一方、ヤクルトの先発はアルバート・スアレス。来日3年目の身長190センチ右腕は、今季5試合に登板して1勝2敗、防御率3.81。全体の半分を占めるストレートは平均148.5キロを記録しており、スライダー、カーブ、チェンジアップ、シュートも投げる。

前回4月28日の巨人戦(神宮)では4回6失点で敗戦投手。スモークに1号ソロ、岡本和真に5号2ランを浴びるなど計12安打を喫した。中8日で雪辱を期す今日のマウンドは、スタミナ面で不安はないだろう。

チームは14勝13敗5分けで貯金1の3位。相手先発が菅野だけに勝てば大きな1勝となる。

【関連記事】
・巨人・坂本勇人がイチローを上回る可能性のある通算記録とは?
・ヤクルト・山田哲人に期待される日米3人目の大偉業とは?
・2021年度プロ野球出身大学ランキング、明治大が22人でトップ