前走、芝2400mの未勝利戦を勝利

5月8日(土)中京競馬場で行われる京都新聞杯(GⅡ・芝2200m)。トライアルレースではないが、日本ダービーへの最終切符を賭けた一戦である。AI予想エンジンKAIBAはこのレースをどう分析したのだろうか。

京都新聞杯 前走距離別成績(過去10年)


本命はゲヴィナー。過去10年の前走距離別成績を見ると、前走からの距離短縮組が単回収率267%、複回収率105%。距離延長(単30%、複62%)や同距離組(単83%、複97%)はいずれも回収率100%を切っているのと比較すると出色の数字だ。

今年の出走メンバーで前走から距離短縮となる馬はゲヴィナーと、対抗レッドジェネシスの2頭だけ。例年とコースこそ違うが、同じ芝2200m戦。日本ダービーを狙う馬たちが集結するという点は変わらないだけに、このデータが通用することを期待したい。

AI予想エンジンKAIBA
◎ゲヴィナー
○レッドジェネシス
▲マカオンドール
△ルペルカーリア
×ヴェローチェオロ

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。 これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。


《関連記事》
【NHKマイルC】キャリア5、6戦に金脈、穴候補は前走アーリントンC組 当日まで覚えておきたいデータ
【NHKマイルC】ハイブリッド式消去法で残った本命候補は“マイル戦に全てを捧ぐ”2頭!
【NHKマイルC】今年も続くか? 朝日杯フューチュリティS出走の穴馬激走パターン