ガンケルは5勝0敗、防御率2.29

DeNAピープルズ−阪神・ガンケルインフォグラフィック


12球団トップの5勝を挙げている阪神ジョー・ガンケルが9日のDeNA戦(横浜)に先発する。今季は6試合に登板して5勝0敗、防御率2.29と最高の滑り出し。チームの首位快走に貢献している。

手元で動くシュート(ツーシーム)を主武器に、スライダー、フォーク、カットボールを投げ分ける。低めにコントロールして凡打の山を築かせるのが持ち味だ。

DeNA戦は今季3試合目。過去2試合で1勝0敗、防御率3.00をマークしている。牧秀悟に本塁打を1本浴びているもののヒットはその1本のみ(4打数1安打)に抑えており、宮﨑敏郎にも6打数1安打と相性はいいと言えるだろう。ただ、新型コロナの影響で合流が送れたタイラー・オースティンとネフタリ・ソトが徐々に本調子を取り戻しつつあるだけに注意は必要だ。

ちょうど100球を投げた前回5月2日の広島戦から中6日。ハーラー単特トップの6勝目なるか注目される。

ピープルズは昨季阪神戦の防御率9.64

一方、DeNAの先発はマイケル・ピープルズ。今季初登板だった5月3日の中日戦から中5日での登板だ。その前回は6回無失点で勝ち投手となっている。

阪神戦は昨季3試合に登板して勝ち負けはなかったものの、防御率9.64だった。陽川尚将と糸井嘉男に本塁打を喫しており、糸原健斗に6打数3安打、ボーアに4打数2安打、木浪聖也に5打数2安打、糸井嘉男に5打数2安打と左打者によく打たれている。新人の佐藤輝明も含め、今回も十分な注意が必要だ。

チームは開幕から最下位に低迷するが3カード連続勝ち越し中だけに、ピープルズの好投で4カード連続勝ち越しを狙う。

【関連記事】
・プロ野球 AI勝敗予想
・阪神・佐藤輝明は三振も日本記録ペース、ベンチはスランプに陥っても我慢できるか?
・スライダーの被打率.000 阪神・岩崎優の凄さがわかるデータ