アルジャンナは4枠8番

2021年6月13日に東京競馬場で行われるエプソムCの枠順が確定した。ルメール騎手との新コンビで重賞初勝利を目指すアルジャンナは4枠8番、昨年の弥生賞ディープインパクト記念勝ち馬サトノフラッグは7枠13番に入った。

2021年エプソムCの出馬表ⒸSPAIA



初角までが近く、外枠不利とされる東京芝1800m。エプソムCの過去10年で連対率トップは3枠の26.3%だが、意外にも次点は8枠の15.4%。施行時期的に、連続開催による内側の傷みで内枠のアドバンテージが減っているようで、外枠でもそれなりに戦える。枠順にはあまり神経質にならなくてよさそうだ。


《関連記事》
【エプソムC】降級制度がなくても狙うは断然4歳馬 本命候補はアルジャンナ!当日まで覚えておきたいデータとは
【函館SS】函館と似ているが微妙に違う札幌芝1200m 「4歳は西高東低」など当日まで覚えておきたいデータは?
【函館SS】カレンモエが母カレンチャンとの母娘制覇目指す 牝馬活躍のスプリント戦、その注目ポイント