ザダルが重賞初勝利

6月13日、東京競馬場で行われたエプソムCは石橋脩騎手騎乗のザダルが1着で入線。2着にはサトノフラッグ、3着にはファルコニアが入線した。

昨年の毎日王冠以来8か月ぶりの実戦だったザダル。道中は中団で脚を溜めると、直線は馬場の内外に大きく広がっての追い比べを外から差し切って重賞初制覇を挙げた。

2着はサトノフラッグ。前走とは打って変わって後方からの競馬を選択すると、最後は進路を内に切り替えながら伸びてきたが、やや不利を受けるような場面もあった。現状は後ろから行く形が合う模様。

3着は川田将雅騎手騎乗のファルコニア。出負けするような格好から、他馬が避ける最内をすくって浮上してきたが、上位の2頭には及ばなかった。

※万全を期すため、主催者が発表する情報と照合してください。


《関連記事》
デアリングタクト、コントレイルも敗戦の春競馬 「雨の日の競馬は荒れる」は本当なのか
トップはキタサンブラックの18億7684万円 アーモンドアイは何位?競走馬JRA獲得賞金ランキング
上手な付き合い方のコツは?ルメール騎手の「買える、買えない条件」