8月は打率.444と上昇、大台へ「あと3」

巨人の中田翔内野手(33)が絶好調だ。コロナ感染による登録抹消から8月2日に戦線復帰すると、10試合で36打数16安打の打率.444、3本塁打、8打点をマーク。不振の岡本和真に代わって8月11日の中日戦から4番で起用されており、ここ5試合連続で打点を挙げて存在感を発揮している。

中田が目前に迫っているのが通算1000打点。過去3度の打点王に輝いたスラッガーは現在997打点で、あと3打点で大台に到達する。NPBのみでは過去46人が達成しているが、33歳4カ月の中田が近日中に達成すれば史上10位の年少記録となる。

NPB通算1000打点の年少達成記録


史上最年少の1000打点は王貞治(巨人)の29歳4カ月。清原和博(巨人)の30歳1カ月、張本勲(東映)の30歳11カ月、野村克也(南海)の31歳0カ月と歴代の強打者が続く。

5位以下も土井正博(太平洋=31歳7カ月)、6位・大杉勝男(ヤクルト=32歳3カ月)、7位・掛布雅之(阪神=33歳0カ月)、8位タイ・山内一弘(阪神=33歳2カ月)、同・長嶋茂雄(巨人=33歳2カ月)とそうそうたる面々だ。

大阪桐蔭高から2007年ドラフト1位で日本ハムに入団した中田は、類まれなパワーを武器に打点を積み上げてきた。広い札幌ドームを本拠としながらも2015年と2020年には30本塁打をクリア。100打点超えは5回もあり、そのうち2014年(100打点)、2016年(110打点)、2020年(108打点)はタイトルに輝いた。得点に直接絡むという点で本塁打以上にこだわってきた打点の年少記録に名を連ねるのは、本人としても名誉に感じるだろう。

大阪桐蔭高時代は佐藤由規、唐川侑己と「BIG3」

甲子園では連日の熱戦が展開中だが、中田も大阪桐蔭高時代は注目のスラッガーだった。1年生だった2005年夏には春日部共栄戦で左中間に特大のアーチを架け、投げては140キロ台後半のストレートで好投するなど衝撃的な甲子園デビュー。2学年上の辻内崇伸(元巨人)、平田良介(中日)とともにベスト4入りに貢献した。

2006年夏は斎藤佑樹を擁する早稲田実に2回戦で敗れ、3年夏は大阪大会決勝で金光大阪に敗れたが、高校通算87本塁打をマーク。仙台育英・佐藤由規(元ヤクルト、楽天)、成田・唐川侑己(ロッテ)とともに「BIG3」と称され、ドラフトの注目選手だった。現役の唐川はこれまでプロ通算76勝を挙げているが、佐藤はBCリーグ・埼玉武蔵ヒートベアーズの投手兼任コーチ。「BIG3」だけでなく、ドラフト同期生の中でも中田は最高の実績を残していると言えるだろう。

日本ハムを放出され、2021年8月に無償トレードで巨人に移籍。ひと悶着あったとはいえ、輝かしい実績に彩られた野球人生はまだまだ続く。現在1427安打、279本塁打を記録しており、来季は通算1500安打、300本塁打も射程圏。1000打点は中田にとって通過点に過ぎない。

【関連記事】
・巨人の歴代監督と最高成績、「球界の盟主」の伝統受け継ぐ次期監督は?
・巨人の背番号「10」栄光と苦難の歴史、中田翔は活躍できるか?
・中田翔ら「BIG3」に指名集中した2007年ドラフトの答え合わせ、外れ1位の成績は?