二軍で防御率1.54と安定した数字残している細野晴希

阪神・村上頌樹と日本ハム・細野晴希のインフォグラフィック


日本ハムのドラフト1位ルーキー細野晴希が、雨天中止の影響で振り替えとなった18日の阪神戦(甲子園)でプロ初登板初先発する。

最速158キロを誇る左腕は、東京・東亜学園高から東洋大を経て入団。左肩の違和感などで出遅れたが、4月20日に二軍のイースタン・リーグ、オイシックス戦(鎌ヶ谷)で実戦デビュー。その後、順調に登板を重ね、ここまで7試合に登板して防御率1.54、奪三振率7.71をマーク。23.1イニングを投げて被本塁打はゼロと安定した数字を残している。

前回登板した7日の巨人戦(ジャイアンツ球場)では、自己最長となる5.2回83球を投げて2安打7奪三振、無失点と好投。そこから中10日で初の一軍マウンドに上がる。

聖地でベールを脱ぐ期待の剛腕の相手は、東洋大の3学年先輩にあたる村上頌樹。胸を借りるつもりで持ち味である思い切りのよい投球を披露し、プロデビュー戦での初勝利を目指す。

自身4連敗中の村上頌樹

一方、阪神先発の村上頌樹は今季ここまで10試合に先発して2勝5敗と黒星先行も、防御率2.27、QS(6回以上自責点3以下)も7度マークするなど、安定感のある投球を見せている。

ただ、前回登板した11日のオリックス戦(京セラD大阪)では、8回104球を投げて自己ワーストの11安打を浴び、4失点で敗戦投手となった。そこから中6日で今日の登板を迎える。

日本ハムとは初対戦。昨季新人王とMVPに輝いた右腕は、今季も与四球率1.74と持ち前の制球力は健在だが、5月7日の広島戦から自身4連敗中と勝ち星がついてこない登板が続いている。今季の交流戦ラストゲームで好投を披露し、有終の美を飾ることができるか。

【関連リンク】
・プロ野球AI勝敗予想
・パ・リーグ球団別週間MVP、ロッテ・ポランコが得意の夏へ上昇気配 オリックス西野、楽天・辰己が打線けん引
・セ・リーグ球団別週間MVP DeNAオースティン、中日カリステ、巨人ヘルナンデスら助っ人が活躍