松坂大輔、久保裕也…崖っぷちから戻ってきた投手は強い!

松坂大輔、久保裕也…崖っぷちから戻ってきた投手は強い!

松坂大輔、久保裕也と松坂世代のふたり

2018年シーズンに復活を遂げた選手といえば、やはり松坂大輔(中日)の名前があがるだろう。

2015年にMLBから日本復帰を果たし、ソフトバンクへと入団する。しかし、西武時代に見せた投球どころか、一軍での登板さえままならなかった。3年間在籍したソフトバンク時代、一軍での登板は2016年の1試合のみ。それも、順位争いに関係のないシーズン最終戦だった。ほぼノープレッシャーでの登板にもかかわらず、1回5失点(自責2)と散々な内容に終わっている。翌2017年は一軍登板することはできず、オフに退団。その後、入団テストを受け中日入団を果たした。

2018年シーズンの松坂は6勝4敗と最下位のチームながら2つの勝ち越し。カムバック賞を受賞した。試合での投球以外にも若手選手の手本となり、その他にもグッズ売上や観客動員といった部分でもチームに好影響をもたらしている。まさに「平成の怪物」が崖っぷちから蘇ったのだ。

今シーズン蘇ったのは松坂だけではない。同じ「松坂世代」の久保裕也(楽天)も躍動した。久保は2015年に巨人、2016年にDeNA、昨年は故障もあり楽天でそれぞれ戦力外通告を受けていた。すなわち、3年連続で契約更改ができなかったのである。

しかし、楽天と育成契約を締結し直して臨んだ2018年シーズン。久保はシーズン中に支配下登録を勝ち取り、25試合で防御率1.71を記録しみごとに復活。4年連続の戦力外通告を回避し、しっかりと2019年シーズンの契約更改を果たしている。

契約更改の席では「松坂世代最後のひとりまでやりたい」と力強い発言も見せ、2019年以降への意気込みも十分だ。

加治屋蓮、山田修義は貴重な中継ぎとして復活

松坂、久保といった「松坂世代」は1980年生まれ。2018年シーズンは38歳の年であり、アラフォーと呼ばれる世代でもある。筋力、動体視力といった力に衰えがくることは容易に想像できる。そのなかで素晴らしいパフォーマンスで健在ぶりを見せつけた。

それに触発されたのかは定かではないが、若い選手でも復活を遂げた投手は多い。

たとえば加治屋蓮(ソフトバンク)。2013年ドラフト1位で社会人野球のJR九州からソフトバンク入を果たした加治屋。社会人出身のドラフト1位ということで大きな期待を背負っていたが、昨シーズンまでの登板数はわずか4試合にとどまっていた。ドラフト1位といえども、4年連続結果がでなかったことで、立場は危うかったことだろう。

しかし、今シーズンは岩嵜翔、デニス・サファテといった試合終盤を任されていた投手が、軒並み故障で戦線離脱。その穴をしっかりと埋め、キャリアハイとなる72試合に登板。4勝3敗31ホールド、防御率3.38と崖っぷちから戻ってきたのである。加治屋の働きはクローザーの森唯斗と同じく、日本一2連覇に欠かせないものだった。

他には山田修義(オリックス)もそうだ。2009年ドラフト3位で敦賀気比高からオリックスへ入団した山田は2017年シーズンまでの8年間での登板は31試合。高卒とはいえ9年目の2018年シーズンに結果を残すことができなければ、戦力外となってもおかしくない状況だった。

そんな崖っぷちでもあった山田は8月に一軍登録されると、いきなりプロ野球タイ記録となる月間18試合登板を達成。以降も貴重な左の中継ぎとして起用され、2017年までの8年間で登板してきた31試合とほぼ同じ30試合登板を果たしている。

松坂は先発として復活したが、久保、加治屋、山田は中継ぎとして自身の持ち味を存分に発揮し、崖っぷちから舞い戻ってきた。2019年シーズンは一軍定着を果たし完全復活を目指す。

ⒸYoshihiro KOIKE


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

SPAIAの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索