大森靖子が2021年7月7日(水)にメジャーデビュー7周年を記念して、これまで数多くの楽曲提供を行ってきた大森が初のセルフカバーアルバムをリリースすることを、現在開催中の『えちえちDELETE TOUR』横浜Bay Hall公演にて発表した。

タイトルの『PERSONA』は「人間の外的側面・自分の内面に潜む自分」という意味を持っており、提供楽曲だからこそ表現することができた大森自身の内面や、提供アーティストが歌唱したことで得た新たな楽曲の側面を表現した作品。 

アートワーク・ビジュアルは、13曲分の異なる持ち味を大森自身がスタイリングした衣装で表現し、13パターンの3Dフィギュアを作成。ファンクラブ限定の限定パッケージで抽選販売され、購入者には大森本人が届けるとのこと。


またファンクラブでは、13パターンの衣装を纏った大森のアクリルキーホルダーが付属するパッケージも販売される。


mu-moショップではピエール中野(凛として時雨)がプロデュースするイヤホン、通称”ピヤホン“の大森靖子モデルと直筆サイン入りB2ポスターが付属したパッケージも販売されるとのことだ。

収録楽曲にはハロー!プロジェクトで一番フレッシュなグループ「BEYOOOOONDS」内のユニット 「雨ノ森川海」に提供した女の子の“なんか”を力強く歌い上げる「GIRL ZONE」 。大森が敬愛する人物の一人である道重さゆみに提供した 「WHO IS BABY」「EIGAをみてよ」「KILAi STAR LIGHT」 。また、ゆるめるモ!、椎名ひかり、ずんね、The Idol Formerly Known As LADYBABYなど アルバムコンセプトに沿って厳選した提供楽曲のセルフカバーを計10曲に加え、オリジナル楽曲3曲を含む、計13曲を収録。 

さらに、本アルバムに収録される新曲「Rude」が、5月19日(水)に先行配信することも決定した。

本楽曲はかねてより大森と親交のあるフリーランスディレクター三谷三四郎が新宿などの街にいる人から著名人まで様々な人へ街頭インタビューするYoutubeチャンネル 『街録ch-あなたの人生、教えてください-』の主題歌として書き下ろした楽曲。

通称「街録チャンネル」は独自の視点で多くの人の人生や生き方に迫る内容が話題となり、知名度を上げ、昨年末にはチャンネル開設から1年経たずして登録者10万人を超え、現在は登録者27万人を超えるYoutubeチャンネルだ。(2021年4月現在)

動画内のインタビューに出てくる様々な人の人生、今に至るまでの過去などを映したチャンネルの趣旨に沿い、「自殺なんてないのさ誰が君を殺した?」 「社会の闇だと言った僕等はみんな社会の裏方僕がいなきゃ光らない」 といったフレーズがストリングスアレンジのメロディーに優しくもありながら大森らしい歌詞が聴き手の心に訴えかけるメッセージソング。

そして、5月19日(水)に配信される「Rude」を皮切りに、アルバムリリースの7月7日(水)まで7週連続でアルバムから毎週先行配信されるとのこと。大森のアーティスト・クリエイターとしての幅をより知ることのできる本作を一足先に配信で堪能してリリースを待とう。