シンガーソングライター・eill(読み:エイル)が、東京通信大学の2021年度新テレビCMソングを手掛けることが発表された。

2018年4月に開学した、場所や時間、費用を気にせず大学卒業資格〈学士〉を取得できるインターネットの大学、東京通信大学の新TVCM「新しい大学」篇で、eillは新曲「HARU」でCMソングを担当する。CMの為に書き下ろした「HARU」についてeillは「今回東京通信大学のCMソングということで、どんな場所どんな時でも、いくつになっても、自分が何かに挑戦する季節を「HARU」と呼ぶ、そんな気持ちを込めて楽曲を作りました。ひとりひとりのハルという季節を応援できたら嬉しいです。」とコメントを寄せている。

東京通信大学の新TVCMは8月10日(火)より全国で放送が開始されるが、それに先駆け本日・6月3日(木)よりホームページで先行公開がスタート。eillは、9月10日(金)より新宿ピカデリー他全国公開される黒木華と柄本佑が主演する映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』の主題歌を担当することも決定している。一昨年40周年を迎えたシンガーソングライター・竹内まりやが1984年にリリースした「プラスティック・ラブ」のカバーで、アレンジに音楽プロデューサー・Yaffleが参加した豪華タッグでの名曲のカバーとなっている。

メジャーファーストシングルとしてデジタルリリースした現在放送中のTVアニメ『東京リベンジャーズ』ED主題歌となっている「ここで息をして」は、Spotifyで「バイラルトップ50-日本」入り、Amazon Music「Hot In Japan」プレイリストに選出、週間USEN HIT J-POPランキング3位、週間USEN HIT アニメランキング1位、週間USEN HIT J-POP/洋楽ランキング5位にランクイン。海外でもApple MusicのJ-Popランキング世界17カ国でトップ10入り、iTunes Store J-Popランキング世界11カ国でトップ10入りするなど、国内外問わずに人気を集めている。

また「ここで息をして」リリースを記念したライブツアー、eill Live Tour 2021『ここで息をして』の東名阪全3公演の開催も発表されており、6月25日(金)愛知・名古屋QLUB QUATTRO、6月26日(土)大阪・心斎橋ANIMA、7月15日(木)東京・渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催される。