TVアニメ『呪術廻戦』第2期が連続2クールで放送されることが決定。「渋谷事変」のティザービジュアルが解禁された。

『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の、芥見下々氏による漫画『呪術廻戦』は2018年3月から連載がスタート。人間の負の感情から生まれる呪いと、それを呪術で祓う呪術師との闘いを描き、既刊20巻にしてシリーズ累計発行部数は7,000万部を突破している。TVアニメ第1期は、2020年10月から2021年3月まで毎日放送・TBS系列にて放送。同年12月24日には第1期の前日譚にあたる『劇場版 呪術廻戦 0』が公開された。

2023年に放送が予定されている第2期では、五条と夏油の高専時代のエピソード「懐玉・玉折」に加え、10月31日・ハロウィンで賑わう渋谷の街で起こる「渋谷事変」を連続2クールで放送。解禁された「渋谷事変」ティザービジュアルには、電車の中で明るい表情を見せる現在の呪術高専東京校1年ズ・虎杖悠仁、伏黒恵、釘崎野薔薇と、彼らの教師で最強の呪術師・五条悟が登場している。なお、同ビジュアルは、先日解禁された「懐玉・玉折」のビジュアルとあわせて繋がり1枚になる仕掛けがあり、過去と現在が交差する物語を反映している。

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会