2024年10月6日(日)よりシアタークリエにて(愛知・大阪公演あり)、ミュージカル『tick, tick...BOOM!』が上演されることが決定した。

2001年にオフ・ブロードウェイにて上演されたことを皮切りに、日本をはじめ、イギリス、カナダなど各国にて上演、2021年には映画化もされアカデミー賞2部門でノミネートされた話題作『tick, tick...BOOM!』。誰もが知る名作『RENT』を生み出しながら、開幕日寸前に急逝した伝説的ミュージカル作家、ジョナサン・ラーソン。本作は、彼の下積み時代の経験をベースに、ジョナサン自身の葛藤と成長を素晴らしい楽曲の数々で綴った作品。

他人に否定されても譲れない夢への情熱。未来への焦り、不安、葛藤。誰しもが一度は抱いたことのある感情を描いた、人々の心を強く揺さぶるミュージカルだ。

出演者に、ジョナサン・ラーソン役に薮宏太、ジョナサンの恋人スーザン役に梅田彩佳、親友のマイケル役に草間リチャード敬太(Aぇ! group)を迎え、シアタークリエにて初上演する。

【STORY】
1990年のニューヨーク。
ミュージカル作家として成功を夢見るジョナサン(薮 宏太)はダイナーで働きながら創作活動に励む。
創作への熱い情熱はあるものの、うまくいかず、アルバイトで生計を立てる日々。有名ミュージカル作家が軒並み30歳を前に成功していることに焦り、自身の30歳の誕生日までのカウントダウンとともに、将来への不安がだんだんと大きくなっていく。ダンサーを目指していた恋人のスーザン(梅田彩佳)は、別の仕事に就くことを考え、ジョナサンにも一緒にニューヨークを離れることを提案する。俳優を目指していた親友のマイケル(草間リチャード敬太)も、早々にその夢に見切りをつけビジネスマンに。成功した彼はジョナサンに就職をすすめてくる。
30歳まであと一週間。チック、チック…まるで時限爆弾のように、頭の中に時を刻む音が響き渡る。
このまま、夢を追うことを諦めるべきなのか。ジョナサンは葛藤しつつも、業界人を招いた試演会に望みをかけ、ミュージカルの創作を続ける。