俳優・高野 洸プロデュース ゲーム×エンターテインメントショー『ACTORS☆LEAGUE in Games 2024』が、2024年6月11日(火)千葉・幕張メッセ 幕張イベントホールで開催された。本イベントのオフィシャルレポートが到着した。

“ライブエンターテインメントの楽しさを、興奮を、観客の皆様と分かち合いたい!”という想いから2021年にスタートした、俳優がプロデュースを務めるプロジェクト 『ACTORS☆LEAGUE』 。2024年は 高野 洸 プロデューサーの「Games」、 岡宮来夢 プロデューサーの「Basketball」、そして新たに 福澤 侑 プロデューサーによる「Dance」が開催される。その第1弾として6月11日(火)に 『ACTORS☆LEAGUE in Games 2024』 が千葉・幕張メッセ 幕張イベントホールで開催された。観客動員数は7000人。

対戦するのは高野 洸(アキラ)がリーダーを務めるチーム「TWILIGHT」(以下、TW)と 荒牧慶彦 (ヨシヒコ)がリーダーを務めるチーム「MAGICAL BERO」(以下、MB)」の2チーム。TWのメンバーは、高野、 阿部顕嵐 (アラン)、 北園 涼 (リョウ)、 高橋健介 (ケンスケ)、 武子直輝 (ナオキ)、 寺山武志 (タケシ)、福澤 侑(ユウ)、 松田昇大 (ショウタ)の8名。そして、MBは荒牧、 石川凌雅 (リョウガ)、 梅津瑞樹 (ミズキ)、 北村 諒 (リョウ)、 佐奈宏紀 (ヒロキ)、 spi (スピ)、 高橋怜也 (リョウヤ)、 田中涼星 (リョウセイ)の8名。対戦するゲームは「スーパーボンバーマン R 2」、「FOAMSTARS」、プロデューサー高野考案のオリジナル・カードゲーム「フルパンプ!」の3種で、勝利チームには“ゴールデンコントローラー”が授与される。

解説は 佐藤流司 と 古谷大和 が担当し、実況は2022年から3年連続となる 田口尚平 、Legend Gamerの KEN   THE 390 、支配人の DJ KOO が脇を固める。そして総合演出を担当するのは 植木 豪 。謎解きクリエイターの 松丸亮吾 、サプライズで 黒羽麻璃央 も登場した。

開演前に謎解きクリエイターの松丸から出題された「オリジナル謎解き」の答えを観客が一斉にコールして始まった『ACTORS☆LEAGUE in Games 2024』。テーマ曲にのせて「BORDERLESS RULERS」のHILOMU、Dolton、KIMUTAKU、KENTA、GeN、YASU、SOUTAがパフォーマンスし、それに合わせてTW、MBのメンバーが一人ずつ登場。会場に大きな歓声が響いた。

撮影:小境勝巳、佐藤 薫、高田真希子 (C)ALG2024

撮影:小境勝巳、佐藤 薫、高田真希子  (C)ALG2024

「本日はご来場いただき本当にありがとうございます。開幕して間もないんですが最強のメンバーでやれていることを改めて実感しまして、今年も開催ができて良かったなと思っています。会場の皆さんの声援や配信を見てくださってる方の応援があって、選手がキラリと光る瞬間があると思います。今年はより冴えたプレーをした者が勝つゲームが揃っておりますので、ぜひ最後まで見届けてください。よろしくお願いします」とプロデューサーの高野が挨拶をして、支配人のDJ KOOが「OK! みんな盛り上がっていくぜ! No Games, No Life! ACTORS☆LEAGUE in Game、開幕!」と力強く開幕を宣言した。
 
最初のゲームは新感覚アワパーティシューター「FOAMSTARS」。“各チーム2人を選出し、3試合を行い、それぞれ勝ったチームに12ポイントが与えられる。負けたチームはポイント無し。初戦はTW・ユウとショウタ、MBからはリョウとヒロキのコンビ。第一試合は終始優位に試合を進めた「TW」の勝利。第二試合は、TWがアキラとアラン、MBがヨシヒコとリョウヤ。両チームともリーダーが参戦し、白熱した展開となったがTWが勝利を収めた。そして第三試合はTWがアランとユウ、MBがスピとリョウセイ。この試合もTWが勝利を収め、3連勝で「36対0」と初戦で大差がついてしまった。

撮影:小境勝巳、佐藤 薫、高田真希子 (C)ALG2024

撮影:小境勝巳、佐藤 薫、高田真希子  (C)ALG2024  

ここで黒羽麻璃央がサプライズで登場。「ゲームの真髄は心理戦です。アナログゲームこそ男のバトル。俺と勝負せい!」と宣戦布告し、全員でインディアンポーカーを行った。最弱のカード「2」を引いたケンスケが罰ゲームを受けることとなったが、なぜか最強のカード「ジョーカー」を引いたリョウセイも巻き添えを喰らい、2人で苦いセンブリ茶を一気飲み。

撮影:小境勝巳、佐藤 薫、高田真希子 (C)ALG2024

撮影:小境勝巳、佐藤 薫、高田真希子  (C)ALG2024

2つ目のゲームは、プロデューサーの高野が公演したオリジナル・カードゲーム「フルパンプ!」。頭脳戦ということで、集中すると自然と口数も少なくなっていく。第1戦はTWリョウとMBミズキ。ミズキが有利かと思われたが大逆転でリョウの勝利。続いてTWケンスケとMBリョウガ。ケンスケが飲食店や家電量販店のショップカードを並べたりして相手を惑わすが、リョウガの勝利。第3戦のTWタケシとMBヨシヒコもヨシヒコが勝利し、MBが3連勝。ラストはTWナオキとMBスピ。ここは意地を見せてナオキが勝利し、TWは4連敗を避けることができた。TW8点、MB24点を加え、MBが点差をグッと縮めることに成功。

ハーフタイムでは、「なんでもエンタメ研究所」特別研究員の松丸が登場。ヨシヒコとユウを脱出させるゲームを、会場の観客を巻き込んで行った。

撮影:小境勝巳、佐藤 薫、高田真希子 (C)ALG2024

撮影:小境勝巳、佐藤 薫、高田真希子  (C)ALG2024

そして最後のゲームは、「スーパーボンバーマン R 2」。全員参加の総当たり戦で、TWの1番手・ショウタが2人抜きをして幸先のいいスタートを切った。その後、TW3番手のユウが4人を倒し、MBの8番手ヨシヒコとの対戦となった。もうあとが無いMBだったが、ヨシヒコは5人を次々と倒していき、なんと最後はTWアキラとのリーダー対決となった。ここでもヨシヒコが勝利し、6人抜きで大逆転勝利。ヨシヒコは「次のCMは俺かな」と満足げな表情を見せた。

撮影:小境勝巳、佐藤 薫、高田真希子 (C)ALG2024

撮影:小境勝巳、佐藤 薫、高田真希子  (C)ALG2024

全競技が終わり、総合得点が発表された。結果は、TW44点、MB34点でTWの勝利。勝利チームのリーダー・アキラは「良かったです。一人一人の力だと思います。「FOAMSTARS」の得点が大きかったです。「ボンバーマン R 2」は悔しかったですけど、楽しかったです」とコメントし、「みんな、本当にありがとう!」とチームメイトに感謝した。
最後は各賞が発表され、「FOAMSTARS」賞をTWのアラン、「フルパンプ!」賞をTWのナオキ、「スーパーボンバーマン R 2」賞をTWのユウ、「おいC」賞をTWのタケシが受賞。そして「MVP」賞に輝いたのはBMのヨシヒコ。
プロデューサーの高野は「3度目の開催ですが、まだ不安なところもありました。でも、予想外の展開が見れましたし、そういう場面が『ACTORS☆LEAGUE』の一番テンションが爆発する瞬間だと思います。お客さんにとってもそうであったら嬉しいです。また次もやれるのであれば、もっと面白いエンタメを求めて頑張っていきたいと思います」と今後への意欲を示し、 『 ACTORS☆LEAGUE in Games 2024 』 を締めくくった。

撮影:小境勝巳、佐藤 薫、高田真希子 (C)ALG2024

撮影:小境勝巳、佐藤 薫、高田真希子  (C)ALG2024 

撮影:小境勝巳、佐藤 薫、高田真希子 (C)ALG2024

撮影:小境勝巳、佐藤 薫、高田真希子  (C)ALG2024 

『 ACTORS☆LEAGUE in Games 2024 』 の模様は、ABEMA PPV ONLINE LIVEで見逃し配信中(6月25日23:59まで)。また、ABEMA事後番組「アクターズリーグパーティー in Games 2024後夜祭」(無料配信)も6月25日23:59まで配信中。 

撮影:小境勝巳、佐藤 薫、高田真希子 (C)ALG2024

撮影:小境勝巳、佐藤 薫、高田真希子 (C)ALG2024

撮影:小境勝巳、佐藤 薫、高田真希子 (C)ALG2024

撮影:小境勝巳、佐藤 薫、高田真希子 (C)ALG2024