昨年新型コロナウイルスによる肺炎で死去した女優の岡江久美子さん(享年63)の長女で女優の大和田美帆(37)が4日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月〜金曜後1・00)にゲスト出演。亡くなった岡江さんについてテレビで話すのは初となり、最後の会話について語った。

 昨年4月23日に死去した岡江さんは4月3日に発熱を訴え、6日にかかりつけの病院で診察を受けて肺が弱っていたため、緊急外来を受けつけている病院を探して入院。すぐにICUに入り、人工呼吸器をつけ麻酔で眠り続け、家族も会うことができなかったため、つける前に入院準備のため帰宅した父・大和田獏(70)とLINEで30分ほど話したのが最後の言葉となったとした。その際、美帆には「心配しないでって伝えておいて」とメッセージを残していたという。

 岡江さんと美帆が最後に話したのは岡江さんが発熱を訴えた4月3日だった。「どこにもまだ話してないんですよ」とした上で、「(電話で)熱があるって3日に言われて。その前に私(5歳になる)娘も預けてたし、もっと前から具合が悪かったかもしれないし。『なんで言ってくれないの、みんなにもっと頼るべきだし。そんなの人としてどうなの?』って凄い怒っちゃったんですよ」と明かした。

 「私も混乱してて。今思えば言いづらかったんだろうなと思いますけど。『コロナかも』って自分で思って怖かったでしょうし。私も父も舞台中だったんですよ。迷惑かけちゃいけないって思ったのかなって、今ならわかるんですけど」と涙ながらに語り、「後悔しかないくらい、母との最後の会話がワーツって私が怒っちゃって。向こうも言い返さなかったな、『ごめんね』って感じで『疲れたから切るね』って言ったのが最後で」と振り返った。

 辛い別れを経験した今は「やっぱりダメですね。父にちゃんと優しくしようと思って。このことで本当に学んで。残っている父と支えあって。多少ケンカになることもあるんですけど、親子なので。でも後悔ないようにと思いますね」としみじみと話した。