ジョージ・ワシントン大が3連敗 渡辺は12得点

 全米大学男子バスケットボールのジョージ・ワシントン大は10日、同じアトランティック10に所属するデビッドソン大と対戦したが45―72(前半17―29)で敗れて8勝9敗。渡辺雄太(4年)は37分出場してチーム最多の12得点を挙げたが3連敗を喫した。

 NBAウォリアーズのステフィン・カリー(29歳)の母校でもあるデビッドソン大は3連勝を飾って8勝7敗。カンファレンス内で1勝3敗となったジョージ・ワシントン大は13日にリッチモンド大(3勝13敗)と対戦する。

 APランク1位のビラノバ大は同10位のゼイビアー大を89―65(前半40―28)で退けて15勝1敗。ゼイビアー大は15勝3敗となった。

 八村塁(2年)が所属しているAP15位のゴンザガ大(14勝3敗)は、11日(日本時間12日)にポートランド大(6勝11敗)と顔を合わせる。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索