ボクシング17年度MVP候補に村田、尚弥、比嘉、田口の4人

ボクシング17年度MVP候補に村田、尚弥、比嘉、田口の4人

 日本ボクシングコミッション(JBC)と東京運動記者クラブ・ボクシング分科会は2017年の年間表彰ノミネート選考会を開き、最優秀選手候補に日本人2人目のミドル級世界王者となったWBA同級王者・村田諒太(帝拳)ら4人を選んだ。

 3戦全KO防衛のWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)、フライ級史上初めて全KO勝利で世界王座を獲得したWBC同級王者・比嘉大吾(白井・具志堅)、ライトフライ級でWBAとIBFの2団体王座を統一した田口良一(ワタナベ)もノミネートされた。各賞は2月9日開催の年間表彰式で発表される。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索