柏、逆転負けでACL黒星発進 前半2点リードも後半まさかの3失点

 ◇ACL1次リーグE組 柏2―3全北(2018年2月13日 韓国・全州)

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は13日に各地で1次リーグが開幕し、E組の柏はアウェーで16年のアジア王者・全北(韓国)と対戦。前半にFWハモン・ロペスとMF江坂のゴールで2点のリードを奪ったが、後半に猛攻を防げず3失点。まさかの逆転負けで初戦を落とした。

 先制点が生まれたのは前半10分。DF中山が左サイドのスペースへロングボールを送ると、これにハモン・ロペスが反応。相手GKが飛び出しているのを見て左足でシュートを放つと、ボールは無人のゴールへと吸い込まれた。

 同27分にはFWクリスティアーノとの連携で左サイドを崩したハモン・ロペスが右足シュート。GKが弾いたところを、中央にいた江坂が押し込んで追加点を挙げた。今季J2大宮から加入した江坂は、これがうれしい移籍後初ゴールとなった。

 前半は昨年12月の日韓戦(E―1選手権)で2得点を挙げた韓国代表の長身FWキム・シンウクを完ぺきに封じるなど、機能していた守備陣。しかし、後半10分に右CKを途中出場のFWイ・ドングッに合わせられ1点差に迫られると、同30分にゴール前の混戦からDFキム・ジンスにボレーで決められ同点に。すると、同39分にまたもイ・ドングッ。エリア左から技ありのシュートを決められて逆転を許した。

 2得点を挙げて試合を支配した前半から、悪夢のような後半の3失点。まさかの逆転負けで初戦は黒星スタートとなった。

 ▼柏・下平隆宏監督 全北でアウェー感を味わった。次はホームでしっかりと勝ちたい。

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索