小平智、美保夫人直伝のパット練習が奏功 かつてムキになった質問は…

 ◇米男子ゴルフツアー RBCヘリテージ最終日(2018年4月15日 米サウスカロライナ州ヒルトンヘッド ハーバータウン・リンクス=パー71、7099ヤード)

 【記者フリートーク】ゴルフ以外の質問にも快く応じる小平が一つだけ、ムキになる質問があった。「古閑さんからゴルフのアドバイスは?」。そう聞かれると「ないっす。俺の方がうまいですから」とピシャリと言い放っていた。

 男女のレベルの差は格段にあるものの、賞金女王にもなった古閑美保。交際当初から何十回と同様の質問をされ、そのたびに怒っていた。

 変わり始めたのは結婚してからだろうか。練習グリーンで一つのカップに対し、4方向から2メートル弱のパットを連続で入れる練習をするようになった。一度でも失敗するとやり直し。ようやく成功した後、小平がうれしそうに「この練習、美保が教えてくれたんですよ」と明かした。泣きどころだったパット。プレーオフでは7メートル超のパットを入れた。今後はもう、前述の質問をする人はいないだろう。(ゴルフ担当デスク・康本 園子)

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索