【函館記念】ナイト 余力たっぷり、条件バッチリ勝たないと!

【函館記念】ナイト 余力たっぷり、条件バッチリ勝たないと!

 「第54回函館記念」(15日、函館)恒例の公開調教。熱心な函館ファンを前に前哨戦・巴賞を快勝したナイトオブナイツが、存在感十分にアピールした。Wコース&単走で5F70秒7〜1F13秒6(馬なり)。久々に函館に戻った太陽の下、余力たっぷりに駆け抜けた。

 見守った池添兼師は「中1週だし、これで十分。厩舎でチャカチャカするような馬だから、輸送がないのもいいのだろう。力がなかったら、巴賞で中を割って勝てない」とデビュー25戦目でオープン初勝利を飾った愛馬に目を細めた。昨夏は恵山特別(函館)と藻岩山特別(札幌)を連勝した洋芝の鬼。「決して、爪の形なんかは道悪(巴賞は重馬場)が得意に見えないけど、前走でもこなしたからね。洋芝が合うんだろう」と指揮官は笑顔で続けた。

 「巴賞の内容は凄く良かった」と振り返る主戦・池添は、開幕週の函館スプリントSでセイウンコウセイを復活Vに導き、夏の函館シリーズ10勝。ルメールや岩田ら巧腕を抑えてリーディング首位を走っている。「滞在競馬、洋芝がいいと思う」と父同様の強調材料を挙げる一方で「距離が1F延びるのでそこがポイント。巴賞は最近直結していないんでしょ?」と課題も指摘した。

 巴賞組の函館記念Vは09年サクラオリオン(巴賞3着=函館スタンド改装工事で札幌開催)以来、出ていない。巴賞1着馬の函館記念Vは05年エリモハリアーを最後に途絶えている。

 週末は再び幸運!?の雨予報。好調男・池添を背に、まだ白星がない2000メートル(通算6勝中5勝が1800メートル)を克服なら、一躍夏の主役に浮上する。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索