【札幌新馬戦】良血アルママ 28日初陣へ弾むような伸び披露

【札幌新馬戦】良血アルママ 28日初陣へ弾むような伸び披露

 札幌開幕週28日の5R新馬戦(芝1500メートル)でデビュー予定の良血アルママ(牡=畠山、父オルフェーヴル、馬主はビッグレッドファーム)の“初時計”を視察するため、「マイネル軍団」の総帥・岡田繁幸氏、紘和父子が11日、函館競馬場を訪れた。

 騎乗予定の柴田大を背に同コース&3頭併せで5F64秒1〜1F11秒7(強め)。道中3馬身前を行くラブミーリッキー(2歳オープン)に1馬身遅れたが、弾むような伸び。見守った繁幸氏は「あれだけ後ろから外を回れば届かないけど、時計は速い。次元が違う!!ハードにこれだけやれるのがいい」とご満悦。12年ヴィクトリアマイルを制したホエールキャプチャの初子。16年セレクトセール当歳セリで1億8360万円(税込み)で高額落札された。母同様の芦毛の初陣に注目が集まる。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索