斉藤コミッショナー オリ誤審提訴に初言及「時間をかけて検討したい」

斉藤コミッショナー オリ誤審提訴に初言及「時間をかけて検討したい」

 誤審問題に関するオリックスからの提訴を受けて11日、斉藤惇コミッショナー(78)が初めて見解を示した。

 この日、都内のホテルでオーナー会議が行われ、終了後の会見でオリックス側が求める「再試合」についての考えを問われると「過去のケース、野球協約だけではジャッジできない。少し時間をかけて検討したい」と話した。

 会議後には斉藤コミッショナー、井原敦事務局長、仲野和男パ・リーグ統括らで意見交換。井原事務局長は「丁寧に検証していく。少しかかる」とした。オリックスは6月22日のソフトバンク戦での、誤審があった場面から試合を続行する裁定を求めて提訴。NPB側は裁定に至るかも含め、時間をかけて検討していくことになる。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索