貴源治、幕内で納得初勝利 石浦を寄り切り「闘争心あった」

 ◇大相撲名古屋場所4日目 ○貴源治―石浦●(2018年7月11日 ドルフィンズアリーナ)

 十両の貴源治が初の幕内の取組で初白星を挙げた。石浦に左上手を許したが、出し投げをこらえて寄り切った。「(出し投げは)頭に入っていた。4日間やってきた中で、今日は落ち着いていて、いい感じで闘争心があった」。

 勝ち急いだ3日間をリセットしての勝利に納得していた。「幕内はこんなに(客席が)パンパンになるんだと思った。早く幕内で取りたいと思った」と新入幕への思いを強くしていた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索