【北埼玉】花咲徳栄1年・井上 二塁打デビュー!夏連覇へ発進

【北埼玉】花咲徳栄1年・井上 二塁打デビュー!夏連覇へ発進

 ◇第100回全国高校野球選手権記念北埼玉大会2回戦 花咲徳栄10―1桶川西(2018年7月12日 大宮公園)

 第100回全国高校野球選手権記念大会(8月5日から17日間、甲子園)の地方大会は12日、35大会257試合が行われた。北埼玉大会では昨夏日本一の花咲徳栄が桶川西を7回コールドで下し、初戦突破。1年生の井上朋也外野手が2安打デビューを果たした。成田西陵は下村広晃、広幸(3年)の双子バッテリーで12年ぶりの夏1勝。13日は35大会252試合が行われる。

 夏2連覇へのスタートライン。相手の桶川西は最速143キロ右腕の松岡らを擁する手ごわい相手だった。井上は2回の第1打席で外角高めの球を叩いて右中間二塁打。5回には右前打を放った。2安打ともに逆方向への快打。「1本出て、後の打席が楽になった」と初々しく笑った。

 「緊張は全然なかった。素直にバットを出すことだけ考えていた」。言葉に大物ぶりを漂わせる。大阪・四條畷中時代に世界大会優勝を経験。所属した生駒ボーイズのグラウンドは生駒山の中腹にあり、今春センバツを制した大阪桐蔭のグラウンドにほど近い。右の強打者は華々しい経歴をひっさげ、全国屈指の強豪のお膝元から埼玉にやってきた。

 公式戦デビューは入学直後の春季埼玉県大会。同校を率いて18年、ロッテ・根元やDeNA・楠本、昨年ドラフト2位で西武入りした西川ら多くの打者を育てた岩井隆監督も「打席での集中力が凄い。今までこんな選手はまずいなかった」と舌を巻く。1日の横浜との練習試合では最速152キロの来秋ドラフト1位候補左腕・及川(およかわ)から強烈な左越え2ラン。日ごとに存在感を増す。

 鮮烈な夏デビューに侍ジャパンU―18代表候補でプロ注目の4番・野村は「今朝の打撃練習は調子が良くなかったから期待してなかったら、これ。僕より全然上」と苦笑い。ソフトバンクの宮田善久スカウトは「常にフルスイングで打ちにいくのが素晴らしい。2年後が楽しみ」と絶賛した。「春に比べて外野が近く感じた。もっといけそうな気がする」と井上。末恐ろしい1年生だ。(松井 いつき)

 ◆井上 朋也(いのうえ・ともや)2003年(平15)1月28日生まれ、大阪府出身の15歳。四條畷中時代は生駒ボーイズでプレーし、3年夏に全国大会出場。ボーイズ日本代表では主軸として世界一に貢献した。1メートル80、80キロ。右投げ右打ち。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索