【エルムS】ロンドン迫力、連覇手応え 新コンビ蛯名も満足感

【エルムS】ロンドン迫力、連覇手応え 新コンビ蛯名も満足感

 日曜札幌メインのダート重賞「第23回エルムS」の追い切りが行われ、昨年覇者のロンドンタウンが函館Wコースを単走で軽快に駆け抜けた。

 時計以上の迫力だった。昨年覇者のロンドンタウンは、蛯名が初コンタクトを取って函館Wコース単走。上がり重点に5F72秒2〜1F13秒1。直線ではじけそうな感触を確認すると、最後は馬なりで流して最終調整を終えた。蛯名は「反応が悪ければ追うという指示。具合が良さそうだったし、やる必要はなかった。この動きなら、いい競馬ができそうだね」と連覇へ手応えをにじませた。

 昨年このレースでJRA重賞初制覇。好位で流れに乗ると実力馬テイエムジンソクとの叩き合いを制し、実力を証明した。直後のコリアCも連勝。しかし、その後は状態面がかみ合わず、ひと息の競馬が続いている。「脚抜きのいい馬場とはいえ、札幌は速い時計で勝っているからね。去年と遜色ない仕上がり。ひと雨あれば」と牧田師。台風の影響で週中の北海道は雨マークが並ぶ。軽い馬場なら復活Vは十分可能だ。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索