【仏ジャックルマロワ賞】愛コンドン師 頂点へ自信の2頭出し

【仏ジャックルマロワ賞】愛コンドン師 頂点へ自信の2頭出し

 18年JRA海外馬券第3弾となる仏G1「ジャックルマロワ賞」(ドーヴィル、芝直線1600メートル)が、日本時間の12日、午後11時20分に行われる。愛2000ギニーを制したローマナイズド(牡3)とサクセスデイズ(牡6)の2頭を出陣させるK・コンドン師(アイルランド)が欧州マイル頂点への意気込みを話した。なお同レースの馬券は12日午前7時からレース開始4分前まで発売される。

 アイルランドのK・コンドン厩舎から前々走で愛2000ギニー(G1)を勝利したローマナイズドと古豪サクセスデイズがスタンバイ。どちらも主戦は今夏のワールドオールスタージョッキーズシリーズにも選出されたS・フォーリー。ジャックルマロワ賞で同騎手は前者にまたがり、後者にはフランスを主戦場としているG・ブノワが乗ることになりそうだ。コンドン師は言う。

 「2頭共に状態は良いです。特にローマナイズドは調教ではそれほど動かないタイプなのに、火曜日(7日)の追い切りでは軽快に動いてくれました。前走は最終コーナーで大きく外へ飛ばされて負けたけど、今回は直線競馬なので巻き返してほしいですね」

 ちなみに愛2000ギニーを勝った際の2着馬はマイルが気持ち長いタイプとはいえ、G1馬。3着馬も後にセントジェームズパレスS(G1、ローマナイズドが7着)で2着した馬。スタート下手で追い込み一手となるローマナイズドだが、今回は試金石の一戦となりそうだ。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索