ウォリアーズのカリーが2年連続でプロゴルフのトーナメント出場 初日は1オーバーと健闘

ウォリアーズのカリーが2年連続でプロゴルフのトーナメント出場 初日は1オーバーと健闘

 NBAウォリアーズでファイナル連覇に貢献したステフィン・カリー(30=米国)が9日、米PGAの下部「ウェブドットコム・ツアー」のエリー・メイ・クラシック(カリフォルニア州ヘイワード)に2年連続でアマチュアとして出場。TPCストーンブレー(7024ヤード=パー70)での初日はインからスタートし、前半をバーディーなしの3オーバーで折り返した。

 しかし後半のアウトは“ショータイム”。204ヤードの2番(パー3)でボギーをたたいて4オーバーとなったが、625ヤードの3番(パー5)でこの日最初のバーディーを奪って流れを変えた。

 469ヤードの7番(パー4)でもさらにスコアを伸ばし、465ヤードの8番(パー4)でもピン直撃のショットを披露してバーディー。結局3バーディー、4ボギーの1オーバー、71で周り、ホールアウトした154人中の106位で第2ラウンドを迎えることになった。

 カリーは「去年は6ホール目で最初のバーディーをマークしたけれど今年は12ホール目。バーディーパットが入ったとときにはホッとしたよ」とコメント。昨年のこの大会では通算8オーバー(74・74)でカットラインに11打及ばず予選落ちとなったが、今年の初日は昨年の2ラウンドよりもいいスコアでホールアウトした。

 なおアダム・ロング(30=米国)ら3人が63で首位に立っている。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索