持田 200Mバタで銀 後輩の璃花子の指摘で開眼

持田 200Mバタで銀 後輩の璃花子の指摘で開眼

 ◇競泳パンパシフィック選手権第2日(2018年8月10日 東京・辰巳国際水泳場)

 女子200メートルバタフライで、持田が主要国際大会初メダルとなる銀を獲得した。150メートルを3番手で通過したが、ラスト50メートルで1人を捉えてフィニッシュ。「諦めずやってきて良かった。うれしいし、本当に驚いた」と声を上ずらせた。

 16年リオ五輪には自由形のリレーメンバーとして出場も、昨年は代表入りを逃した。世界選手権をテレビで見ていた時、「自分に何ができるか考えて」取り組んだのがバタフライ。本格的な練習を開始してから約1年。先月には100メートルバタフライを得意とする1学年下の池江から「手のひらに力が入りすぎている」と指摘を受け、楽に泳げるようになったという。泳ぎはまだまだ粗削りで「改善点は数え切れない。でも伸びしろはある」という19歳がさらなる進化を目指す。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索