レスリング協会 伊調馨に謝罪「改めてアスリートファーストの理念に立ち返り」

 レスリング女子の伊調馨(34=ALSOK)らが日本協会前強化本部長の栄和人氏から受けたパワーハラスメント問題で、日本協会は10日、福田富昭会長が伊調に正式に謝罪したと発表した。

 今月2日に都内で福田会長と菅芳松事務局長が伊調と面談し、謝罪と再発防止策の進捗(しんちょく)状況を説明した。伊調側はALSOKの村井温会長や役員が同席。告発者であり被害者でもある田南部力コーチはいなかった。協会は「改めてアスリートファーストの理念に立ち返り、伊調選手をはじめ全ての選手のサポートに全力でまい進する所存です」と表明し、伊調は所属先を通じて「レスリングがより魅力ある競技として発展していけるよう、今後とも力を尽くしていきたい」とコメントを出した。

 リオ五輪以来の実戦復帰に向けて10月の全日本女子オープン(13〜14日、静岡・三島市民体育館)にエントリーしており「レベルを上げた練習に取り組んでおります」とも報告。これまで協会との面会を拒んできた伊調だが、謝罪を受け入れることで復帰に向けた地ならしも済ませた。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索