福岡 B1昇格初戦は黒星、収穫はピットマン 12得点でセンターにメド

福岡 B1昇格初戦は黒星、収穫はピットマン 12得点でセンターにメド

 ◇B1 福岡67―79栃木(2018年10月6日 福岡市民体育館)

 歴代2位の3263人が詰めかけ、B1昇格初戦に臨んだ福岡は栃木に敗れ、黒星スタートとなった。

 福岡は、スタメンに山下、小林、薦田らB3時代からのおなじみのメンバーに、昨シーズンの得点源・ジェイコブセン、そしてNBAのマイアミで優勝経験あるピットマンが加わる布陣で臨んだ。

 第1Qからアグレッシブに攻めた福岡は11点のリードを奪う。しかし第2以降はオフェンスリバウンド(栃木15、福岡4)、ターンオーバー(福岡19、栃木6)の差に表れたように、ミスから流れを手放した。

 そんな中での収穫はピットマンだ。「ちょっと不安だったけど、練習中からハードにプレーしてきた」の言葉通り、ダンクシュートを決めるなど12得点を挙げる活躍。16―17、17―18の2シーズンは富山でも活躍した2メートル11のセンターにメドが立ったのは今後の明るい材料だ。就任2年目の河合ヘッドコーチは「辛口で言ってもきょうのプレーは50点。富山の時と違う新しいピットマンが見られると思う」と期待を寄せた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索