ジョセフJ 最強NZから最多5T、初のリードも W杯へ光明

ジョセフJ 最強NZから最多5T、初のリードも W杯へ光明

 ◇ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2018(2018年11月3日 東京・味の素スタジアム)

 日本は世界ランキング1位のニュージーランドに31―69で敗れた。前半には史上初めてリードを奪い、4万3751人のファンで膨れ上がったスタンドを沸かせる場面も。計5トライも過去最多だった一方、10トライを奪われ世界最強軍団との力量差も痛感。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC、48)も収穫と課題の両方を挙げた。日本代表は7日に渡英し、17日に同4位のイングランドと対戦する。

 これまでのような惨敗ではなかった。前半の逆転トライから11分間はリードもした。奪ったトライは過去5戦の計4つを1試合で更新。ジョセフHCは「いい兆しだし、成長の証」と前向きに言い、リーチ主将は「世界の厳しさが分かった。練習では厳しくやっているつもりだが、今まで以上に厳しくしないと」と気持ちを引き締めた。

 チームの教義ともいえる「アタッキングマインド」は発揮できた。前半4分のファーストトライは、相手FBのキックにロックのアニセが猛然とチャージし、こぼれ球を押さえたもの。同33分には相手陣内の守備で粘り強くハイプレッシャーをかけ続け、パスが乱れたところをNo・8ツイが確保。波状攻撃を繰り返してツイのトライにつなげた。前に出る防御で攻守の切り替わりから一気にトライに持っていく。指揮官も「構えずに仕掛けていけた点は良かった」と選手の姿勢を称えた。

 試合前に行われたオールブラックスの伝統の舞「ハカ」に対しては、自陣10メートルライン上でリーチを先頭に三角形を作り、前へとにじり出た。11年W杯ではセンターラインを越えたフランスに「敬意を欠く」として罰金が科された例があるが、高ぶりを抑えきれなかった主将は一線を越えた。プロップ稲垣は「(フランスの例は)知っていた。だからリーチさんを抑えたんですが」と振り返る。世界最強にも一歩も引かない。過去のジャパンにはなかった、精神面の成長を証明した。

 攻めながらも一つのミスから一気にトライまで持っていかれ、ブレークダウン(密集でのボール争奪)では相手のグレーゾーンの技術で9度もターンオーバーを許した。「課題と反省点が出て、より良い準備ができる」とリーチ。明確になった世界最強との距離を、一歩一歩詰めていく。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索