アーモンド帰厩 国枝師は馬体に笑み「スッキリした」

アーモンド帰厩 国枝師は馬体に笑み「スッキリした」

 今年の3冠牝馬アーモンドアイ(国枝)がジャパンC(25日、東京)に向けて8日、放牧先のノーザンファーム天栄(福島県)から美浦トレセンに帰厩した。

 愛馬を入念に確認した国枝師は「牧場でも見ていたけど特に変わりなくいい状況。気になるところはないし体もちょうどいい形。前回(秋華賞)は馬体重が増えているのは分かっていたが、そのときより競馬を使って間もないのでスッキリしている」と目を細めた。

 ジャパンCではジェンティルドンナ(12年)以来2頭目の3歳牝馬制覇を狙う。秋華賞は馬場入りからテンションの高さを見せただけに「基本的にはあまり追い込まない方がいいタイプ。そんなにビシッとやらなくても動いちゃうから兼ね合いが難しい」と調整法を思案しつつも「前回以上には持っていける」と2頭の3冠牝馬を育てた名伯楽は自信をのぞかせた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索