世界初挑戦の井上 同級生と”仮想スパー”、懐に入り攻防

世界初挑戦の井上 同級生と”仮想スパー”、懐に入り攻防

 ◇WBO世界スーパーウエルター級タイトルマッチ 王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)《12回戦》同級3位・井上岳志(2019年1月26日 米国ヒューストン・トヨタセンター)

 世界初挑戦の井上岳志(29=ワールドスポーツ)がWBOアジア・パシフィック・スーパーライト級王者の岡田博喜(29=角海老宝石)と8ラウンドのスパーリングを行った。テーマは「いかに相手の懐に入るか」。駿台学園高時代の同級生でスピードのある岡田をムンギアに見立て、数パターンの出入りをテスト。終盤には岡田が鼻血を出すほど白熱した攻防を繰り広げた。

 「丸ごとムンギアに似てる選手はいないので、少しずつ似ている部分を見つけながらやってきた」と井上。さまざまなタイプの選手とスパーを消化し、無敗の王者との対戦に備えている。昨年9月に米デビューを果たし、2月に米2戦目を予定している岡田からは「(ボクシング部の)部長なんだから先陣を切ってもらわないと」とエールを送られ苦笑い。井上は20日に渡米する。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索