指定力士別トップは稀勢の里!初場所、懸賞本数は2000本前後

 大相撲初場所(13日初日、東京・両国国技館)の懸賞本数は2000本前後となる見通しとなった。日本相撲協会の担当者が11日、明らかにした。史上最多は昨年秋場所の2160本。

 申し込みの総数は2127本。通常、力士の休場による懸賞とりやめなどで、実際に取組で懸かる本数はやや減る。昨年初場所では2239本の申し込みに対し、稀勢の里の休場などでとりやめがあり、実際は1994本だった。

 指定力士別では稀勢の里の約200本が1位。以下、2位が高安の約120本、3位が白鵬の約100本となっている。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索