式守伊之助 襲名披露祝賀会「毅然たる態度で土俵を務めたい」デーモン閣下からもエール

式守伊之助 襲名披露祝賀会「毅然たる態度で土俵を務めたい」デーモン閣下からもエール

 大相撲の立行司、第41代式守伊之助(59=高田川部屋)の襲名披露祝賀会が11日、都内のホテルで行われ、尾車親方(元大関・琴風)、大関・高安(田子ノ浦部屋)、関脇・貴景勝(千賀ノ浦部屋)、関脇・玉鷲(片男波部屋)ら二所ノ関一門の親方、関取ら約450人が出席した。今年初場所の番付発表の昨年12月25付で、三役格・式守勘太夫から立行司に昇格した伊之助は「毅然たる態度で土俵を務めたい」とあいさつした。

 小学5年の時に大関・前の山のファンとなり、前の山が引退して高田川部屋を創設した1年後の1975年、中学卒業と同時に入門し、同年夏場所で初土俵。日々、トレーニングを積んでいることもあり、機敏な動きには定評があった。土俵上での裁き以外にも、土俵祭りの祭主などさまざまな仕事をこなさなければならないが「土俵の上が精神の安定する場所。自分の場所に来たなと思う」という。一切の雑念を持ち込まず「今まで培ってきたものを出せれば正しい軍配になる」という信念で軍配を握っている。

 この日は師匠の高田川親方(元関脇・安芸乃島)から冬用と夏用の装束、幕内・竜電、輝、十両・白鷹山からは軍配、印ろう、脇差しが送られた。デーモン閣下とのトークショーでは「次は(木村)庄之助(行司の最高位)の襲名で会いましょう」とエールを送られた。

 伊之助は現在、結びと結び前の一番を務めている。心がけているのは「立ち合いを公平にすること。バランスが崩れないようにすることが一番大事。そこに集中しないといけない」という。その上で「歴史に残る取組を演出する手伝いができれば」と抱負を語っていた。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索