【新日本】石森、IWGPJr初防衛成功!次期挑戦者にライガー指名

 新日本プロレス大阪大会が11日、エディオンアリーナ大阪で行われた。IWGPジュニアヘビー級選手権は王者の石森太二が挑戦者の田口隆祐を16分10秒、エビ固めで破り、初防衛に成功した。序盤から激しい攻防を展開。石森は田口のパフォーマンスで挑発。田口も得意の足首固めで対抗したがブラディークロスからのエビ固めで王者に軍配が上がった。

 ベルトを守った石森はリング下のTV解説席にいた獣神サンダー・ライガーを「リングに入れ」と挑発。これに怒ったライガーは「お前、後悔するよ。あんまり大人をからかうもんじゃない。坊主、お前が逆指名するなら俺はいつでも、どこでもベルトをもらいに行くよ」と王者の指名を受けていた。ライガーを怒らせた王者は「次はライガー。動物好きの俺対動物の神、新日本の歴史をリボーンする意味でも絶好の相手。神様は眠っとけ」と笑っていた。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索