日本水連が強く訴え、池江璃花子の闘病「温かく見守っていただきたい」

日本水連が強く訴え、池江璃花子の闘病「温かく見守っていただきたい」

 競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)が自身のツイッターで白血病を公表したことを受け、日本水泳連盟が12日、都内で会見を開いた。

 池江は先月18日からオーストラリアで合宿中だったが体調不良を訴えたため、現地で血液検査を受けてから予定を早めて今月8日に帰国。日本で検査を受け、白血病と診断された。検査後に入院している。

 会見では所属先のルネサンス吉田正昭社長が「医師からは早期の発見ができたと説明を受けている。今後の治療については医師と相談して決めていく」と報告した。

 連盟の上野広治副会長(59)は「東京五輪に出られるのかと皆さん気になると思うが、誰よりも本人が東京五輪に出たかったと思います。現状は分かりません。まずは病気を治すことに専念したいと思いますので、どうか温かく見守っていただきたい」とコメント。

 「今年中に練習が再開できるかもしれない。ただ、このような病気を経てトレーニングをさせたコーチはいません。三木コーチもこれから厳しいトレーニングをどう取り組んでいけばよいか分からない状態。(五輪選考会である)2020年の日本選手権のスタート台に立たせられるかどうか、どうかそこまでは温かく見守っていただけたらと思う」と呼び掛けた。

 青木剛会長(72)も会見最後に「世界の頂点に向けて力強く上昇している最中に、このような病に見舞われて、池江選手の胸中を察して余りあるところだが、病気克服に向けて前向きに取り組んでいる。一日も早い回復を願っているので、このような状況をご理解いただき、温かく見守っていただきたい」と念を押した。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

スポニチアネックスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索