大相撲夏巡業が5日、東京都立川市でスタートした。巡業はコロナ禍で中止が続いており、19年12月以来2年8カ月ぶりの開催。横綱・照ノ富士(30=伊勢ケ浜部屋)は「久しぶりだからお客さんたちを喜ばせるように頑張りたい」と、この日を待っていたファンを思いやった。巡業部副部長の入間川親方(元関脇・栃司)は「やっと来たなという感じ。今日が大事な第一歩」と実感を込めた。

 できる限りの感染対策を講じて行われた。土俵上以外では原則マスクを着用。申し合い稽古中に土俵下で四股などの準備運動をする時や、取組が終わって力水をつける時、花道を引き揚げる時も着用が徹底された。また、ファンサービスも制限。握手会は行わず「非接触型」の写真撮影会を実施した。同親方は「巡業の楽しみは、本場所にはない力士との距離感。触れ合いと感染対策の両立はなかなか難しいけど考えながら進めていく」と“新様式”を模索していく方針を示した。

 ≪幕内12力士コロナ休場≫立川巡業では幕内力士が13人休場。ケガの小結・阿炎をのぞく、玉鷲、宇良、佐田の海、碧山、隠岐の海、志摩ノ海、照強、千代翔馬、妙義龍、王鵬、錦富士、千代丸の幕内12力士がコロナ関連で休んだ。そのため本来は不参加だった十両力士が7人繰り上がって出場。入間川親方は「(休場者も)待機期間が終了すれば今後参加することになる」と説明した。