◇ナ・リーグ ドジャース10−2ジャイアンツ(2024年5月14日 サンフランシスコ)

 ドジャースの大谷翔平投手(29)が14日(日本時間15日)、敵地オラクル・パークでのジャイアンツ戦に「2番・DH」で先発出場。出場6試合ぶりの一発となる12号を含む5打数3安打と今季7度目の3安打をマークし、チームの連勝に貢献した。

 この日は、元通訳で大谷の口座から、違法スポーツ賭博の借金返済のため約1700万ドル(約26億5200万円)を盗んで不正送金したなどとして銀行詐欺などの罪に問われた水原一平被告(39)が罪状認否のためカリフォルニア州の連邦地裁に出廷。試合前からフィールド外のことで騒ぎが起こった。

 開幕直後から水原スキャンダルが発覚し、まだまだ収束が見えない中でこの日も一発を含む3安打と活躍。フィールド内外で注目を集める中、どうやって乗り越えて開幕から好成績を残しているか尋ねられると「最初の方はいろいろあったので、ちょっと睡眠が足りてない日が続いてたんですけど…」と開幕当初の心労を告白した。

 その上で「最近は時間にもだいぶ余裕が出てるので、良い睡眠を取って1日1日、大事にプレーできているかなと思います」と現在は精神的にも落ちついていると明かした。

 

 また、いつから眠れるようになったかには「いろいろと物事が進展して、いろいろな新しい事が分かって自分のやるべきことをして、一旦解決した段階では僕の方からやることはなくなったので、その段階でかな」と説明。自身が捜査機関へきちんと説明し、水原被告のさまざまな犯行が明らかになった頃には睡眠もきちんと取れるようになってきたと語った。