ベティスFWテージョ、古巣バルサ戦へ「僕らが再び勝利を...」

ベティスFWテージョ、古巣バルサ戦へ「僕らが再び勝利を...」

元FCバルセロナの選手で、現在はベティスでプレーするFWクリスティアン・テージョは、自身のキャリアにおいて同クラブ時代が最も素晴らしい時間の一つであったことを振り返っている。

バルサの公式ウェブサイト上のインタビューで、同選手はカンプ・ノウのピッチに再び足を踏み入れることについて「ここではサッカー選手としてベストな時代の一つを過ごした場所だから、常に特別なことだ」とコメントしている。

同FWは、ベティスがバルサと対戦することについて、昨年のように勝利(3-4)を挙げることは再び可能であると考えている。

「そう思うよ。カンプ・ノウのようなスタジアムで勝利するためには、ほとんど完璧な試合をする必要があることを僕らは自覚しているが、それが可能なチームだと思うよ。バジャドリー戦では不幸に見舞われたが、チームがとても堅実で集中していたと感じることができたし、僕らは献身的なプレーを見せていた。カンプ・ノウで再び僕らが勝利を挙げることができると思うよ」

昨年のバルサとの試合について、テージョは「この試合から多くのことが変わったよ。新たなコンセプトを持ち、昨年とは異なったプレーをしていると思う。最も重要なことは、ピッチの中で僕らが快適に感じ、ボールを持つことを恐れず、試合を支配することだと思う」と指摘している。

テージョは、バルサがジュニオル・フィルポを獲得したことについても評価している。
「彼は非常に大きな将来性を持ったサイドバックだ。彼はまだとても若いし、非常に多くの長所を持っている。クラブにとって重要な選手になっていくと思うよ」

そしてカンプ・ノウのピッチに再び足を踏み入れることについて、特別な一戦になるだろうと指摘している。

「僕にプリメーラ・ディビシオン(1部)でデビューする機会を与えてくれたチームだ。とても大きな愛情を持っているし、そこにいる全ての人々をとても尊敬している。トップチームに昇格し、大きな希望を持ってトップのメンバーに加わるという一人のサッカー選手として、ベストな瞬間を味わった場所でもある。このスタジアムに戻って来ることは、非常に特別なことになると思うよ」


関連記事

SPORT.es スポルトの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索