ユーヴェ戦力外のマンジュキッチにカタールから高額オファーの誘い

ユーヴェ戦力外のマンジュキッチにカタールから高額オファーの誘い

ここ3シーズンにわたってユヴェントスのレギュラー選手であったクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチは、監督サッリの就任によってレギュラーから遠ざかっている。


マンジュキッチは夏の移籍市場の間にも退団が噂されていたが、トリノに残りポジション争いをする決断を下していた。しかし、CLの登録リストから外れ、セリエAでも出場時間を全く与えられていない現在、高額なオファーを受けている同FWの意見は変わり始めている。


クロアチアのメディア『24Sata』と『Calciomercato』によると、移籍市場が閉まる9月30日に向け、カタールの複数のクラブが31歳の同FWの獲得に関心を示しているようだ。年俸600万ユーロ(約7億円)のオファーを出しているアル・ガラファと、アル・ラーヤンの2クラブは大きな経済力を持つクラブであり、元アトレティコ・マドリーのFWに最も興味を示している2クラブである。


同メディアの情報によると、オペレーションを好意的に捉えているユヴェントスに対し、500万〜1,000万ユーロ(約6〜12億円)のオファーを出す準備をしているようだ。


2021年までの契約を結び、500万ユーロ以上(約6億円)を稼ぐ選手の1人であるマンジュキッチは、昨シーズンはアッレグリの下で全コンペティションで33試合に出場し、10ゴールをマークした。


このような昨季から一転し、今季のユヴェントスで熾烈なポジション争いを行う同FWは、このオファーをきっかけに新たな冒険を探し出そうとしている。

メッシ、久保、香川 出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部もWOWOWで放送・配信!
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>


関連記事

SPORT.es スポルトの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索